monday.com 法務ポータル

Last Updated: 2月 02, 2021

利用規約

Last Updated: 2月 02, 2021

これらのサービス利用規約、またそこで言及され、参照によって組み込まれ不可欠な部分を成している他の規約やポリシー(これらの “規約”)は随時修正され、発効日(いかに定義)時点で法的拘束力のある契約を構成し、www.monday.comやmonday.comが所有・運営する関連サイト(“サイト)のアクセスや使用、またサイト、モバイルアプリケーション、その他の方法を介したmonday.comのサービス(以下で定義)の使用や登録を管理します。これらの規約は、monday.com Ltd. (“monday.com”、 “当社”、 “私たち”または“私たちの およびお客様、個人または雇い主や他の実体の代表(“お客様”または“お客様の間のものです。お客様が雇い主やその他の実体を代表している場合、次のことを表明しているものとします。 (i) 雇い主やその実体(当てはまる場合)を、これらの規約に対して拘束する完全な法的権限を持っている。(ii) これらの規約を読んで理解した後、雇い主や各自の実体(当てはまる場合)の代わりに規約に合意し、これらの規約が雇い主やその実体(場合に応じて)に対して法的拘束力を持つ。お客様は以下の場合、雇い主やその実体(当てはまる場合)の公認の代表と見なされることにご注意ください。 (I) あなたが雇い主やその実体のメールアドレスを使ってサービスに登録した場合、または (II) 管理者(以下で定義)である場合。

以下のセクション2で詳述されているように、本サービスには様々な種類のユーザーが存在するため、特に指示のない限り、”お客様”は顧客と全ての種類のユーザーを指すものとします。 お客様は、以下のどちらかを行うことでこれらの規約に拘束力があることを承認し、これらの規約への同意を確認し証明します。: (I) これらの規約に同意する用のボタンをクリックするか、またはチェックボックスにチェックを入れる。 (II) またはサービス、サイト、当社のモバイルアプリケーションに登録、使用、アクセスするか、どちらか早い方。 (“発効日”)

お客様がこれらの規約の順守や法的拘束を望まなかったり、雇い主やその他の実体(当てはまる場合)に義務を負わせる権限を持っていなかったりする場合、これらの規約に同意したり、サービスやサイトや当社のモバイルアプリケーションにアクセスしたりしないでください。

 

1. 当社のサービス。

1.1.当社のサービス

monday.comプラットフォームは、クラウド型ビジュアル作業管理ツールであり、チームで共同作業を行うときなど大きな変化をもたらします。透明性、所有権、説明責任が構築される環境を目的とし、これはmonday.comプラットフォームの構成要素であるアプリケーションプログラミングのインターフェイスやツールの一部もしくはすべての機能を含み、オンラインおよびモバイルアプリケーション(以下、“サービスを介して提供されます。特定の条件 がお客様または一部のサービスに適用される場合があり、重要な内容として本ポリシーで言及されています。

1.2.サービスの変更又は中止。

当社は、当社の裁量により、予告なしに、本サービスおよび/またはサイト内のあらゆる機能を追加、変更または中止することができます。ただし、本サービスの中核となる機能に重大な悪影響を及ぼす変更を行った場合、当社は、サイト上および/または本サービスを通じてお知らせを掲載するか、お客様に電子メールを送信することにより、お客様に通知します。

1.3.将来のリリースや改良に対する不確定要素の否定。

お客様は、本契約に基づく本サービスおよび/または第三者サービス(以下に定義)のご購入は、(i) 特定のサービスにおける現行のサブスクリプション期間を超えた継続、または (ii) 第三者のサービス、あるいは将来の機能または特徴に関して当社が口頭または書面で行ったパブリックコメントに依存する事柄などを含め、当社が将来リリースする機能または特徴の提供を条件とするものではないことをここに認めるものとします。

1.4.条件の受け入れ能力。

お客様が当サイトおよび/またはサービスにアクセスして使用する場合、お客様は16歳以上であることを表明し保証するものとします。当サイト及び/またはサービスは年齢が16歳以上の個人を対象とするものです。当社は、本項の遵守状況を確認するために、いかなる場合においても、お客様に年齢を証明する書類の提出を求める権利を有します。

1.5.技術支援と獲得使用時間。

お客様がエンタープライズクラスのサブスクリプションを購入された場合、サービスレベルアグリーメントに基づきmonday.comのプレミアム技術支援とアップタイムコミットメントを得る権利を保有し、そのアグリーメントは、https://monday.com/terms/sla/, で入手可能であり、随時monday.comにより更新されます

1.6.追加サービス。

お客様は monday.com 追加サービス規約.を条件としてmonday.comが提供するサービスを選択することができます。

 

2. アカウントの登録と管理。

2.1.アカウントの登録。

アカウントはサービスの初回利用時に登録することが必要です。 お客様は、アカウント(“Account”) のサービス登録をすることにより、個人的に、またはお客様の雇用者やお客様がアカウントを作成した団体を代表して、monday.comのお客様となります。 (顧客”)。 これらアカウントの最初のユーザーが、自動的に当アカウントの管理者として割り当てられます。(管理者”)。

2.2.お客様の登録情報。

お客様が、アカウントを作成するとき、またはアカウントに追加してユーザープロフィールを作成するとき(ユーザープロフィール)、お客様は (i) 自身に関する正確、完全、かつ最新の登録情報を当社に提供することに同意し、(ii) お客様のパスワードの機密性と安全性を確保することは、お客様の責任であることを認識し、 (iii) 本サービスに関連する第三者の製品またはサービスの統合またはその他の使用(および関連するデータの開示)を含め、お客様のユーザープロファイルおよびパスワードの下で発生するすべての活動について、お客様が全責任を負うことに同意し、(iv) お客様のアカウントまたはユーザープロフィールへの不正なアクセスまたは使用、および/または本規約の違反に気付いた場合は、書面を以て速やかに当社に通知することを約束します。.当社は、お客様のユーザープロフィールに基づいて当社が受け取る通信はお客様によってなされたものであるとみなします。 お客様は、お客様またはお客様に代わって他のユーザーまたは第三者が本アカウントを不正に使用したことにより、当社または第三者が被った損失、損害、責任および費用について、単独で責任を負うものとします。

2.3.ユーザー認定。

お客様は、当社が、お客様の身元を確認し、お客様のアカウントおよび/またはユーザープロフィールのセキュリティを確保するために、お客様に情報の提供を求める場合があることを理解し、これに同意するものとします。お客様、または管理者がアカウントへのアクセスを失った場合、またはその他の理由でアカウントに関する情報を要求した場合、当社は、当該アカウントへのアクセスを回復するか、または当該アカウントに関する情報を提供するに先立って、お客様または(場合によっては)当該管理者に必要と思われる検証を要求する権利を留保します。

2.4.アカウント管理者。

アカウントの管理者は、連帯してお客様の正式な代表者とみなされ、管理者が行ったいかなる決定または行為も、お客様の決定または行為とみなされます。 管理者は、本サービスおよび本アカウントの使用に関して重要な権限および管理権を有する他のメンバーを管理者として割り当てまたは追加することができます。管理者には以下を含むが、これらに限定されません。(i) お客様(および他のユーザー)による本アカウントの使用の管理、(ii) 本サービスの購入、アップグレードまたはダウングレード、(ii) ユーザー行動の許可、監視または変更、(iii) 顧客データ(以下に定義)の全部または一部へのアクセス、制御、削除、投稿共有またはその他の変更の管理、および(iv) 第三者サービスとの統合または統合の解消。 また、お客様は、お客様のアカウントが作成または登録された電子メールアドレスのドメインを所有または管理する事業体の代表者が、お客様のアカウントを管理できることを認めるものとします。 管理者権限についての更なる詳細は当社の ヘルプセンター に説明されています。

2.5.その他のユーザー。

アカウントユーザーには、ゲスト、ビューアー、チームメンバーなど、いくつかの種類があり、これらのユーザーはすべて、本サービス内で定義され、ここでは以下のように称されています。「認定ユーザー」また、管理者と合わせて「ユーザー」。 ユーザーが利用できる機能は、当該アカウントを管理する各サブスクリプションプランによって決定され、各認定ユーザーの権限は、アカウント管理者によって割り当てられ、決定されます。

認定ユーザーの権利、許可、および各タイプの認定ユーザーの定義については、ヘルプセンターの記事をご覧ください。

2.6.認定ユーザーに対する責任。

お客様は、本サービスの設定、権限および管理を理解し、お客様が誰をユーザーにするか、また、ユーザーが他のユーザー(有料、無料を問わず)を招待する権利、アカウントに料金を発生させる権利、ボードにアクセス、修正または共有する権利などを含むがこれらに限定されない、当該ユーザーの設定および権限を管理することについて、単独で責任を負うものとします。 お客様は、お客様の組織またはドメインに属さないユーザーであっても、すべてのユーザーについて、お客様が発注するオーダーフォームやお客様データの使用方法など、ユーザーの活動に責任を負うものとします。さらに、お客様は、お客様のアカウントのユーザーが行ったいかなる行為も、お客様が許可した行為であると当社がみなすことを認め、この点に関してお客様は一切の請求権を持たないものとします。

3. 顧客データ。

3.1.顧客データ。

顧客データとは、お客様またはいずれかのユーザーが本サービスに、または本サービスを通じてアップロードまたは提出、送信、またはその他の方法で利用可能にしたデータ、添付ファイル、テキスト、画像、レポート、個人情報、またはその他のコンテンツで、お客様に代わって当社が処理したものをいいます( 顧客データ)。 誤解を避けるべく言うなれば、匿名情報(以下に定義します)は顧客データとはみなされません。 お客様は、本サービスに提出された形態の顧客データに関するすべての権利、権原、利益、および管理を保持します。 本規約に従い、お客様は当社に対し、顧客データへのアクセス、使用、加工、コピー、配布、実行、輸出、および表示に限定する限定的ロイヤリティフリーライセンスを全世界で付与します。また、本サービスに表示するために顧客データを再フォーマットすることが修正または派生物を構成する範囲に限り、前述のライセンスには修正および派生物を作成する権利も含まれます。 前述のライセンスは、(i) お客様に本サービスを維持・提供するため、(ii) 技術上またはセキュリティ上の問題を防止または対処し、サポートリクエストを解決する場合、(iii) 当該顧客データが本規約に違反していると当社が誠実に確信している場合、またはその疑いのあるクレームの苦情の調査を行う場合、(iv) 有効な法的召喚状、要求、またはその他の合法的な手続きに従う場合、および (v) お客様から書面で明示的に許可された場合、単独で付与されます。

3.2.顧客データコンプライアンスに関する責任。

お客様は以下のことを表明し、保証するものとします。(i) お客様は、お客様が本サービス上または本サービスを通じて提出、投稿または表示するすべての顧客データについて、本契約で付与された権利を付与するために必要なすべての権利、ライセンス、同意、許可、権限および/または権威を有しているか、または取得していること、(ii) 顧客データについては、当社の以下の条件を遵守していること、(iii) 顧客データは、当社の許可されている利用方法についての規約を守ること、および(iii) 本規約に定める、お客様が提出する顧客データ、お客様による当該顧客データの使用、および当社による当該顧客データの使用は、(a)第三者の特許権、著作権、商標権、その他の知的財産権、所有権、プライバシー権、データ保護権、パブリシティ権を侵害せず、また侵害しないこと、(b)データのプライバシー、データの転送および輸出に関連するものを含む、適用される地域、州、連邦、および国際的な法律、規制、および慣例に違反しないこと。(法的根拠) (c) 顧客データに適用されるお客様または第三者のポリシーおよび条件に違反しないこと。 第6条で明示的に規定されているセキュリティおよびデータ保護の義務を除き、当社はお客様のデータに対していかなる責任も負いません。お客様は、顧客データおよびその使用、開示、保存、送信の結果について単独で責任を負うものとします。 monday.comは、顧客データを監視および/または管理しないことをここに明確にし、斯く行動しなかったことによるmonday.comに対するクレームはあり得ないないものとします。

3.3.非機密データ。

monday.comのお客様は、(i)欧州連合規則2016/679第9条(1)に列挙されているデータのカテゴリー、または他の法域における類似の法規制、(ii)健康保険の相互運用性と説明責任に関する法律(Health Insurance Portability and Accountability Act)(“HIPAA”)、またはHIPAA Business Associate Agreementの対象となる保護されるべき健康情報、その改正および補足されたもの、および(iii) PCI DSSまたはその他のクレジットカード制度の対象となるクレジットカード、デビットカード、その他のペイメントカードのデータなど、他の管轄区域の類似の法律に基づいて、顧客とmonday.comが個別に契約を結ばない限り、顧客及びmonday.comは特別な法規制の下で保護され、独自の取り扱いを必要とするデータを本サービスに提出しないものとします。

 

4. パブリックユーザーの投稿。

4.1.パブリックユーザーの投稿。

サイトには、お客様がコメント、情報、その他の資料を公然にに投稿できる機能を有する場合があります。 (合わせて “パブリックユーザーの投稿物”) また、パブリック・ユーザーの提出物を他のユーザーまたは公衆と共有することができます。 本サイトを通じてパブリック・ユーザー投稿物を提出することにより、お客様は、monday.com、本サービス、本サイトの広報、宣伝、その他の合法的な目的のために、当該パブリック・ユーザー投稿物にアクセスし、使用し、コピーし、複製し、加工し、改作し、出版し、送信し、ホストし、表示するライセンスをmonday.comに付与するものとします。また、お客様はここに、お客様のパブリック・ユーザー・サブミッションの著作者人格権を放棄し、または法的に禁止されている範囲でmonday.comに譲渡するものとします。

4.2.パブリックユーザー投稿物に対する責任。

お客様は、以下のことを認め、同意するものとします。(i)お客様は、お客様が本サービス上または本サービスを通じて提出、投稿または表示するパブリック・ユーザー投稿物について、本契約で付与される権利を付与するために必要なすべての権利、ライセンス、同意、許可、権限および/または権威を有しているか、または取得していること。(ii)当社は、他者が当社のサイトおよび/または本サービスに投稿した他のコンテンツおよび/または投稿物を管理するものではなく、それらについて責任を負わないこと。(iii)本サービスおよび/またはサイトを利用することにより、お客様は、他のユーザーまたはサイト訪問者による、攻撃的な、下品な、不正確な、誤解を招く、またはその他の違法なコンテンツおよび/または投稿物にさらされる可能性があること。(iv) パブリック・ユーザーの提出物は、当社の定める許可されている利用方法に基づき提出されていること。

 

5. 知的財産権。

5.1.当社の知的財産。

本サービスおよびサイトには、ソフトウェア、アプリケーション・プログラミング・インターフェース、デザイン、テキスト、編集資料、情報テキスト、写真、イラスト、オーディオクリップ、ビデオクリップ、アートワーク、その他のグラフィック素材、名前、ロゴ、商標、サービスマークなどの素材を含め、(顧客データを除く)、関連するすべての技術、前記の修正、強化、派生物を含みます(合わせて「monday.comの素材」)。またそれは、monday.comおよびそのライセンサーの財産であり、適用される著作権法またはその他の知的財産権に関する法律および条約によって保護されている場合があります。 お客様とmonday.com間では、monday.comは、すべての知的財産権を含め、monday.com製品に対する権利、権原、利益を保持します。

5.2.お客様による参照権。

お客様は、monday.comが、お客様をmonday.comの顧客または本サービスの利用者として識別するために、お客様の名称およびロゴを、monday.comのウェブサイト、マーケティング資料、またはその他の方法で公示する権利を有することを認め、承諾するものとします。 お客様は、いつでも、以下の連絡先legal@monday.comに連絡することにより、かかる権利を取り消すことができます。

5.3.お客様のアクセス・使用権。

本規約の条件にお客様の遵守、特に当社の許可される利用方法を厳守することで、当社は、適用されるサブスクリプション期間中、お客様の内部目的に限り、本サービスおよびサイトにアクセスして使用する限定的、全世界的、非独占的、譲渡不能な権利をお客様に付与します。

5.4.使用制限。

本規約で明示的に許可されている場合を除き、お客様は、認定ユーザーまたはいかなる第三者にも以下のことを許してはなりません。(i) 本サービスまたはサイトのいかなる部分も第三者(お客様の関連会社を含むがこれに限定されない)に与え、販売し、レンタルし、リースし、タイムシェアし、サブライセンスし、開示し、公表し、割り当て、市場に出し、再販し、表示し、送信し、放送し、移転し、または配布すること、またはサービスビューロー方式で本サービスを使用すること。(ii) サイトやサービスのセキュリティ関連機能、コンテンツの使用やコピーを防止または制限する機能、またはサービスやサイトの使用制限を実施する機能を回避、無効化、またはその他の方法で妨害すること (iii) サービスやサイト、またはその構成要素のリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、解読、またはソースコードの導出を試みること。(iv) 「サービス」もしくは「サイト」またはその一部のコピー、修正、翻訳、パッチ、改良、変更、派生物の作成。(v) monday.comのインフラまたは「サイト」もしくは「サービス」をサポートするインフラに不合理または不均衡に大きな負荷をかける行為、またはその可能性のある行為(monday.comの独自の判断による)を行うこと。(vi) 「サービス」もしくは「サイト」の正常な動作、または関連する活動を妨害すること、または妨害しようとすること。

(vii)サービスまたはサイトに付された、またはサービスまたはサイトの一部として提供されたmonday.comまたは第三者の識別、帰属、著作権表示、商標、その他の所有権を削除、汚損、不明瞭化、または変更すること、またはmonday.comの書面による事前承認なしにサービスまたはサイトのロゴを使用または表示すること。(viii) 競合するサービスまたは製品を開発または強化することを含め、競合目的で「サービス」または「サイト」を使用すること、または(ix) 第三者(他の認定ユーザーを含む)に上記の行為を奨励または支援すること。

5.5.フィードバック。

お客様は、本サービスおよび/またはサイトのユーザーとして、monday.comの素材、monday.comサービス、API(お客様が管理者の場合)、および/またはサイトのいずれかに対して、提案、コメント、機能要求、その他のフィードバックを提供することができます。(“フィードバック”). このようなフィードバックは、monday.comの素材と一体化したものとみなされ、いかなる種類の使用制限もなく、monday.comの単独所有物となります。 monday.comは、いかなる種類の制限や義務もなく、そのようなフィードバックを実施または拒否することができます。 お客様は、当該フィードバックが正確かつ完全であり、第三者の権利を侵害していないことを表明し、保証し、(ii)当該フィードバックに対してお客様が保有するあらゆる権利、タイトル、および利益を取消不能でmonday.comに譲渡し、(iii)当該フィードバックにおいて、または当該フィードバックに対する過去、現在、または将来の著作者人格権、芸術家の権利、またはその他の類似した権利に関連するすべての請求権を明示的かつ取消不能で放棄します.

5.6.APIの使用。

当社は、本サービスへのアクセスおよび使用のための追加の方法を提供するアプリケーション・プログラミング・インターフェースを提供することがあります。 (“API“)。 当該APIは、本サービスの一部とみなされ、その使用は本規約のすべてに従うものとします。 本契約第5.1条から第5.4条を妨げることなく、お客様は、本サービスと、お客様および/またはお客様が社内で使用する他の製品、サービスまたはシステムとの間の相互運用性および統合を実現するために、お客様の社内業務目的でのみ当社のAPIにアクセスし、使用することができます。 APIを使用する際は、関連する開発者のガイドラインに従ってください。 当社は、お客様および/またはお客様のAPI(またはその一部)へのアクセスを、予告の有無にかかわらず、一時的または恒久的に変更または中止する権利を有します。 当社は、お客様および/またはお客様のAPI(またはその一部)へのアクセスを、予告の有無にかかわらず、一時的または恒久的に変更または中止する権利を有します。

 

6.プライバシーとセキュリティ。

6.1.セキュリティ。

monday.comは、お客様のデータを保護するために、合理的なセキュリティ対策と手順を実施しています。 当社のセキュリティ対策と手順の詳細は、随時更新される当社の「セキュリティについて」からご覧いただけます。

6.2.プライバシーポリシー。

本サービスおよびサイトへのアクセスまたは使用の一環として、当社はお客様から収集したお客様の個人データ、および/またはお客様に関する情報にアクセスしてそれを使用および共有することがあります。(「個人情報保護ポリシー」に記載)。個人情報保護ポリシーは、参照することにより記述として本文書に組み込まれるものです。

6.3. データ処理契約 (“DPA”)。

当社の データ保護規則は、お客様に代わって個人データ(DPA内で定義)を処理することを規定するもので、当該個人データが一般データ保護規則2016/679(以下、「GDPR」)の対象となる場合に適用されます。顧客はサービスを利用すると同時にこのデータ保護規則に同意するものとします。

6.4.匿名の情報。

本規約の他の規定にかかわらず、当社は、お客様による「サービス」および/または「サイト」の利用に関連する匿名情報(以下に定義)を収集、利用および公表し、「サイト」および「サービス」を含む当社の製品およびサービスの提供、改善および広報を目的として、またその他の事業目的のために開示することができるものとします。” 匿名情報” とは、集計情報や分析情報など、個人を特定できない情報を意味します。 monday.comが収集または取得したすべての匿名情報は、monday.comに帰属します。

 

7. 外部サービスリンク。

7.1.外部サービス。

本サービスでは、本サービスに関連して、特定の外部のサービス、製品、アプリおよびツール(当社のインテグレーション提供を通じて提供される外部のアプリケーションおよびウィジェット、またはお客様が当社のAPIを通じて接続することを決定した外部のアプリケーションおよびウィジェットを含みますが、これらに限定されません)を、本サービスの一部として関与および調達することができます。(合わせて、“外部サービス”)

7.2.関係の独立性.

お客様は、外部サービスがどのような方法でお客様に提供されるかにかかわらず、当社は、お客様と当該外部サービスとの間の単なる仲介プラットフォームとして機能するだけであり、当社は、いかなる意味においても、当該外部サービスを推奨するものではなく、また、当該外部サービスに関していかなる責任も負わないことを認め、これに同意するものとします。 お客様と当該外部サービスとの関係、および当該外部サービスに対するお客様の支払いおよび当該外部サービスの利用を規定する条件(当該外部サービスによるお客様のデータの収集、処理および利用を含みますが、これらに限定されません)は、お客様と当該外部サービスの提供者との間の別個の契約上の取り決めに従うものとします。 (“外部サービス規定”)。 当社は、顧客または「外部サービス」の提供者が「外部契約」を遵守することについて、いかなる方法においても当事者ではなく、その責任を負うものではありません。

7.3.外部サービスデータおよび顧客データとの統合。

本サービスを通じて、お客様および本アカウント内のその他の認定ユーザーは、お客様のアカウント(またはその一部)内のボードを含む、外部サービスとの統合を可能にすることができます。この統合により、当社と外部サービスとの間でデータの交換、送信、修正または削除が可能になりますが、これにはお客様のデータが含まれますが、これに限定されるものではなく、その範囲は当該統合により設定された該当するアクションにより決定されます。お客様は、外部サービスによる顧客データを含むデータのアクセス、収集、送信、処理、保存、その他の使用は、適用されるプライバシーポリシーを含む外部契約に準拠し、monday.comは、外部サービスによる顧客データを含むデータのアクセス、収集、送信、処理、保存、その他の使用、または当該外部サービスのプライバシーやセキュリティに関する行動や一般的な慣行について責任を負わないことをここに認めるものとします。 monday.comは、外部サービスによるお客様データを含むデータへのアクセス、収集、送信、処理、保存、その他の使用、または当該外部サービスのプライバシーおよびセキュリティに関する行動、不作為、一般的な慣行について責任を負いません。外部サービスを統合および/または使用することにより、お客様は以下のことを認識し、同意するものとします。(a) お客様は、外部サービスの利用およびお客様が行う、または外部サービスを含む外部に許可するその他のデータ活動を含め、適用されるプライバシー制限、法律および規制を遵守することについて単独で責任を負います。(b) お客様および本アカウント内の他のユーザーによるデータの活動および利用により、本アカウント内(すなわち、お客様データ)および統合された外部サービス内のいずれかのデータが変更および/または削除される可能性があります。当社は、当社のアカウントおよび/または統合された外部サービスのいずれにおいても、そのようなデータの修正および/または削除について、いかなる種類の義務も負わないものとします。

7.4.使用条件と使用制限。

monday.comおよび外部サービスは、それぞれ独自の裁量により、お客様のアクセスおよび特定の外部サービスの使用に対して、アクション数またはその他の使用(場合によっては、制限された割当を課すことを含みますが、これに限定されません)に関する追加の条件または制限を課すことができます。このような追加条件または制限は、本サービスまたは外部サービス内の関連する場所に表示されるか、またはお客様またはその他の関連するアカウントのユーザーに通知されるものとします。

7.5.monday.com マーケットプレイス。

monday.comは、monday.comマーケットプレイスを通じて外部サービスを提供する場合があります。 お客様のmonday.com Market Placeのご利用条件は、monday.comのマーケットプレイス利用規約に準拠するものとします。

7.6.外部サービスの支払条件。

外部サービスは、無料で提供される場合と、外部サービスが直接請求する場合と、monday.comが請求する場合とがあります。外部サービスが支払いを必要とする場合、その価格が当該サービスのサブスクリプションプラン(以下に定義)に含まれている場合を除き、外部サービス価格の次に表示されるものとします。monday.comが、外部サービスの代理人としてではなく、自らを代表して顧客に料金を請求する場合、料金の支払い、更新、返金を含む支払い条件は、本契約第8条および第9条に準拠します。monday.comが外部に代わって顧客に請求する場合

この場合、顧客は、monday.comが、外部サービスに適用される料金や税金を顧客から円滑に徴収するための仲介者としての役割しか果たさないことを認め、料金の支払い、更新、返金ポリシーを含むすべての支払い関連事項は、外部契約に準拠するものとします。

7.7.料金の変更。

顧客は、monday.comおよび外部サービスが、無償で提供していた外部サービスに新たな料金を課すことを含め、外部サービス料金を随時変更することができることを了承するものとします。

7.8.外部のサービスの廃止。

monday.comおよび外部サービスは、理由の如何を問わず、説明や通知の義務を負うことなく、外部サービスの利用を中止したり、利用可能性を停止したりする権利を有します。斯く行われる中止によっては、外部サービスの特定の機能や行為を当社のサービスとともに利用できなくなる場合があります。

7.9.リンク。

サイト、サービスおよび/または外部サービスには、当社が所有または管理していない外部のウェブサイトへのリンクが含まれる場合があります。 (the “リンク”)。 お客様は、当社は外部のウェブサイトのコンテンツ、プライバシーポリシー、または慣行を管理するものではなく、それら対していかなる責任も負わないことを了承するものとします。 お客様は (i) お客様による外部のウェブサイトの利用およびリンク、ならびにお客様が外部のウェブサイトに送信または投稿するコンテンツについて、お客様が単独で責任を負うものとし、(ii) お客様およびお客様の場合はすべてのユーザーが外部のウェブサイトを利用したことに起因する一切の責任から当社を明示的に解放するものとします。 従いまして、お客様には、お客様が訪問される可能性のある各外部のウェブサイトの諸条件およびプライバシーポリシーをお読みになることをお勧めします

7.10.責任の範囲。

monday.comは、リンク先および外部サービス(外部サービスの動作性や当社のサービスとの互換性を含むがこれに限定されない)について、外部サービスの運営性、当社サービスとの互換性、セキュリティ、正確性、信頼性、データ保護および処理方法、提供物の品質、ならびに外部による作為または不作為を含め、一切の責任を負ものではありません。外部サービスへのアクセスおよび/または使用により、お客様は、外部サービスへのアクセスおよび使用が、お客様自身の裁量およびリスクで行われること、また、当該外部サービスの運営および慣行ならびにそれぞれの外部契約がお客様のニーズを満たすものであることを、お客様が単独で責任を負うことを了承するものとします。

 

8. サブスクリプション期間、更新、料金の支払い。

8.1.注文フォーム

当社の注文書フォームは、様々な方法で記入・発注することができますが、その中でも、オンラインフォームや製品内画面、その他相互に合意したオフラインのフォームを、お客様や他のユーザーがmonday.comに郵便、電子メール、その他の電子的または物理的な配送手段を含む手段で届けることができます。 (“注文フォーム”)。 この注文フォームには、少なくとも、注文したサービス、購読のプラン、期間、およびその購読料金が記載されます。

8.2.サブスクリプション期間。

本サービスは、お客様の注文書で指定された期間、当該注文書に基づいて購入されたそれぞれのサブスクリプションプランに従って、サブスクリプションの契約基準に合わせて提供されます。(“サブスクリプション期間”および“サブスクリプションプラン”、関連し、また合わせて“サブスクリプション”)。

8.3.サブスクリプション料。

顧客は、本サービス(トライアルサービスを除く)の提供の対価として、購入したサブスクリプション契約ごとに、該当する注文書に記載されている該当する料金を当社に支払うものとします。(サブスクリプション料”)。 別段の記載がない限り、サブスクリプション料は米ドルで表示されます。 顧客は、本契約により、当社が、直接または当社の支払処理サービスを介して、顧客が選択した支払方法により、当該利用権対象物の料金を支払期日に請求することを承認します。 本契約で明示的に規定されていない限り、利用権対象物の利用料金は取消もできないし、返金もされないものとします。 当社は、顧客に既存のサブスクリプション契約が更新時に影響を受ける可能性がある場合、顧客に通知の上、いつでもサブスクリプション料を変更する権利を留保します。 支払うべき料金の回収ができなかった場合

、当社は、当社の単独の裁量(義務ではない)により、通知することなく、後日回収を再試行し、および/またはアカウントを一時停止もしくはキャンセルする場合があります。

8.4.税金。

サブスクリプション料には、本規約および本規約に基づく本サービスの購入または販売に関連して課される可能性のあるあらゆる税金(付加価値税、売上税、使用税、物品税、商品サービス税などを含むが、これらに限定されないが、賦課金、または関税は含まれない)を含みます(以下 “税金”)。 顧客が当社に支払うべき金額から税金またはその他の金額を控除または源泉徴収することを要求する司法管轄区に所在する場合は、速やかに当社に書面で通知してください。当社は、かかる源泉徴収を回避するための努力を行うものとします。ただし、いかなる場合も、顧客は、かかる税金を支払う唯一の責任および義務を負うものとし、かかる税金は、顧客が支払うべき利用料に上乗せされているものとみなされるべきものとします。

8.5.サブスクリプション契約のアップグレード。

サブスクリプション契約期間中に於いて、以下の何れかによって、そのサブスクリプションプランをアップグレードすることができます:(i)認定ユーザーの追加、(ii)上位タイプの利用権対象プランへのアップグレード、(iii)アドオン機能の追加、および/または(iv)より長い利用権対象期間へのアップグレード (合わせて, サブスクリプション契約のアップグレード”)。 サブスクリプション契約のアップグレードまたはその他の変更は、新規購入あり、依って契約期間は再開されるものみなされ、本サービスおよび/または注文書に記載されない場合があります。 サブスクリプション契約をアップグレードした時には、顧客には、該当する増加分のサブスクリプション料金が、その時点での当社の現行料金で請求されます(注文書に別段の記載がない限り)。either: (1) その時点での利用権対象期間の残りの期間に対して按分されます。または (2) サブスクリプション契約のアップグレードにより契約期間が再開されるときは、顧客が既に支払ったサブスクリプション料は、アップグレードされた新しいサブスクリプション料から減額され、その差額は、契約のアップグレードが行われた日に顧客が支払うべきものとします。

8.6.ユーザーの追加。

顧客は、これらのオプションを無効にしない限り、以下のことを認めるものとします。(i) 同じ電子メールドメイン内のユーザーは、アカウントに自動的に参加することができる。(ii) お客様のアカウント内のユーザーは、他の人をユーザーとしてアカウントに追加するよう招待することができる。(合わせて, “ユーザーの追加”)。 これらのオプションの詳細および無効化する方法については、こちらのヘルプセンターをご覧ください。 注文書で別段の合意がなされていない限り、特定のアカウント内のユーザー数の変更は、その時点での利用権対象期間の残りの期間について、日割り計算で請求されるものとします。 当社は、顧客からの通知に従って、ユーザー増加時または該当月の月末に請求書を発行します。

8.7.超過使用量。

当社は、顧客および/またはそのユーザーが本サービスを悪用したと当社が判断した場合、または想定される標準的な使用に比べて過度に本サービスを使用したと当社が判断した場合には、(当社の裁量で)異なる価格でサブスクリプションを提供する権利、 本サービスのアップロード、保存、ダウンロードおよび、外部サービス、ネットワークトラフィックおよび帯域幅、コンテンツのサイズおよび/または長さ、コンテンツの品質および/またはフォーマット、コンテンツのソース、ダウンロード時間の量などの制限を含むがこれらに限定されずして、それらの使用に関して、異なる価格設定でサブスクリプションを提供すること、および/または追加的な制限を課す権利を有するものとします。

8.8.課金。

顧客は、本サービスへの登録または請求情報の提出の一環として、更新された正確かつ完全な請求情報を当社に提供することに同意し、当社(直接または当社関連会社、子会社、その他の外部を通じて)がお客様の支払方法または指定銀行口座から請求、要求、代金回収(またはその他の請求、返金、その他の請求行為)を行うことを承認するものとし, そしてまた、迅速な支払いを期すべく、当社が必要と考える顧客の指定支払口座または財務情報について、問い合わせを行うことに同意するものとします。これには、お客様のクレジットカード会社または銀行口座から更新された支払情報(例えば、お客様のクレジットカード会社から当社に提供される更新された有効期限またはカード番号)を確認する目的も含まれます。

8.9.サブスクリプション契約の自動更新。

サービスの中断または喪失をが起こらない経験しないようにするため、顧客のサブスクリプション契約には自動更新オプションがデフォルトが組み込まれ、それによって、顧客が自動更新オプションを無効にするか、またはサブスクリプション契約を期限前にキャンセルしない限り、契約はその時点で適用される終了時を以て自動的に更新されます

契約期間中、当初の契約期間(延長期間を除く)と同等の更新期間で、顧客に対する別段の通知がない限り、同一価格(但し適用税制が改正された場合、および当初契約期間中に提供された割引またはその他の販売促進特典を除く)を前提として提供されます. したがって、顧客または当社のいずれかが期限切れ前にサブスクリプション契約をキャンセルしない限り、当社は、その時点で適用される契約期間の満了時またはその直前に、該当するサブスクリプション料を自動的に請求すべく試みます。 顧客がこのような自動更新の回避を望む場合、顧客は、期限が切れる以前の任意の時点で、アカウント設定を通じて、又は当社の カスタマーサクセスチーム に連絡してそのサブスクリプション契約をキャンセル(または自動更新オプションを無効化)しなければなりません。 本規約に明示的に規定されている場合を除き、顧客が契約期間中にサブスクリプション契約を解約した場合、契約期間の追加延長更新はできませんが、顧客は契約期間内の未使用期間に対して返金またはクレジットを受けることはできません。

8.10.減額とプロモーション。

別途、法的拘束力のある契約書に明示的に記載されていない限り、顧客が特別割引またはその他のプロモーションオファーを受けた場合、顧客は、その該当するサブスクリプション契約の更新時に、monday.comが更新時に適用されるサブスクリプション料の全額を以て、当該サ契約を更新することを認めるものとします。

8.11.クレジット。

理由の如何を問わず、顧客のアカウントに発生する可能性のあるあらゆる取引クレジット (“クレジット”), は、以下のいずれかの早い時点で失効し、以後は無効となります。(i) 当該クレジットが付与されたアカウントの該当するサブスクリプション契約の満了時もしくは終了時、または (ii) サブスクリプション契約プランにアップグレードされていないトライアルサブスクリプション契約 (以下に定義) を有するアカウントに対して当該クレジットが発生している場合は、当該クレジットの発生から 90 日が経過した時点。 別段の定めがない限り、クレジットは本サービスの支払いにのみ使用が可能であり、外部のサービスまたはその他のいかなる種類の支払いにも使用することはできません。 いずれのサービスについても料金が発生した場合、未払いのクレジットはまずサブスクリプション料金から差し引かれ、残りは顧客の各種支払方法から請求されるものとする。 クレジット(本契約に規定された限定的な条件の下での本サービスの購入に関わるものを除く)は、金銭的価値や交換価値を持たず、譲渡や払い戻しはできません。

8.12.再販からの支払い。

顧客が、当社が認めた再販業者または販売業者 (“再販業者”)から本サービスを購入した場合、そして本契約と顧客と各再販業者との間で締結された契約(注文書を含む“再販規約”)との間に矛盾がある場合には、顧客とmonday.comの間では、本規約が優先されるものとします。 本規約に含まれていない、当該再販契約において顧客および/または他のユーザーに付与された権利は、再販業者との関連においてのみ適用されるものとします。 この場合、顧客は、当該権利の救済、実現または行使をmonday.comに対してではなく再販業者に対してのみ求めるものとします。 明確にするために、顧客とそのユーザーの「サービス」へのアクセスは、顧客が再販業者に支払ったものに該当する料金の支払いを当社が再販業者から受領することを条件とします。 顧客にとっては、随時当社の裁量により、利用権対象物の請求が当社に譲渡される可能性があり、その場合、顧客は、各利用権対象物の料金を当社に直接支払うことになることを、ここに認めめるものとします。

 

9. 返金ポリシー、チャージバック

9.1.返金ポリシー。

顧客が最初に購入した本サービスに満足しない場合、顧客は、最初に本サービスを注文した日から30日以内に、当社に書面で通知することにより、当該本サービスを解約することができます。 (“返金期間”)。 顧客がサービスの初回購入を返金期間内に終了した場合、当社は、適用法令により他の金額が要求される場合を除き、当該終了した利用権対象期間に関して顧客が事前に支払った未使用かつ未経過の利用権対象料金の比例部分を、当社が最初に支払ったのと同じ通貨で顧客に返金します。(“返金”) 返金は、顧客による本サービスの初回購入時にのみ適用され、当該本サービスの追加購入、アップグレード、変更または更新には適用されません。 なお、当社は、為替レートの変動による差額や、お客様が外部から請求された手数料(送金手数料など)を返金する責任を負わないことを留意願います。 返金期間終了後、利用権対象物の料金の返金およびキャンセルできません。 法律で認められている範囲内で、キャンセルの通知が悪意をもって、または実際に受領し享受した本サービスに対する支払いを回避するための不正な試みとしてなされたと当社が判断した場合、当社はお顧客の返金要求を拒否する権利を留保します。 上記を前提として、顧客が本条第9.1項に基づいて解約した場合、未払いの支払義務はすべて、使用済みのサブスクリプション契約期間の期限が直ちに到来するものとし、顧客は、本規約に基づいてmonday.comに支払うべき料金を速やかに送金するものとします。

9.2.返金不可能サービス.

一部のサービスには、返金できない場合があります。このような場合、当社は当該サービスを返金不可とし、依って顧客は権利を失い、当社は返金する義務を負わずして本サービスを解約するものとします。

9.3.チャージバック。

如何なる場合でも、顧客のアカウントに対する支払期日の到来した利用権対象物の料金の請求について、顧客による支払拒否やチャージバック、またはその他の拒絶(“チャージバック”)を当社が認知・記録した場合、これは、本規約に基づく顧客の支払義務違反とみなされ、顧客の本サービスの利用は無効とまたは終了となり、顧客が当該本サービスに再加入するまで、当該本サービスの利用は再開されません。また、本規約または適用法に基づいて当社に適用されるその他の救済策を損なうことなく、受領した各チャージバックに対して当社および/または外部サービスに発生した手数料および費用(支払処理業者に発生した取扱手数料および処理費用を含む)を含め、該当するサブスクリプション料を全額支払います。

 

10. 試験的サービス、プレリリースサービス。

10.1.試験的サービス

当社は、随時、当社のサービスの一部または全部を、無料のトライアル版として提供することがあります。(“試験的サービス”)。 試験的サービスの期間は、理由の如何を問わず、顧客または当社のいずれかによって早期に終了されない限り、本サービス内で、注文書を以て顧客に通知されたとおりのものとします。 当社は、顧客への責任や説明なしに、随時本トライアルサービスを変更、中止、制限する権利を有します。 サブスクリプション契約プラン(“トライアルサブスクリプション”)のトライアル版である試験的サービスについては、トライアルサブスクリプション契約の終了時に、当社は事前の書面による通知なしに、随時アカウントのWebアドレスを変更することができます。

10.2.プレリリースサービス.

なお、当社は、特定のサービスをアルファ版またはベータ版で提供することがあります(“プレリリースサービス”)。当社は、そのようなプレリリースサービスを確保するために最善の努力をします。 プレリリースサービスは、まだ開発中のサービスであり、そのため、動作不能または不完全である可能性があり、バグが含まれていたり、障害が発生したり、意図したとおりに動作しない可能性が、通常よりも多く指摘されることがあります。

10.3.試験的サービスおよびプレリリースサービスに適用する規約。

試験的サービスおよび先行公開サービスには本規約が適用されます。ただし、本規約等の規定にかかわらず、試験的サービスおよび先行公開サービスに関しては、以下のとおりです。(i) 本契約において、当該サービスは「現状有姿」で「すべての障害をの排除なく」、「利用可能な状態」でライセンス供与されるもので、明示的または黙示的を問わず、いかなる保証も行われません。つまり、(ii) 本契約第16.2項に記載された当社による補償の約束は適用されません。 (iii) いかなる場合においても、本規約(サイト、サービスおよび外部サービスを含む)に基づく、または関連する、monday.com、その関連会社または外部サービス提供者の合計責任は、100米ドルを超えないものとします。当社は、試験的サービスおよび/またはプレリリースサービスがお客様に提供されること、および/または一般的に利用可能になることを約束するものではありません。

 

11. 期間と終了・停止。

11.1.期間。

ここに記載の規約は、発効日から、アカウントに沿ったサービスが終了するまで、支払いの完了の有無を問わず、これらの規約に従って別途終了しない限り、完全に効力を有します。

11.2.終了原因。

顧客ないし弊社は以下の場合、書面による通知により本サービスおよび規約を終了することができます。(a) 他方当事者が本規約に重大な違反をした場合、および、

矯正可能な範囲にも拘わらず、妥当な矯正期間内に当該違反を矯正しなかった場合で、一方の当事者からの書面による通知から10日以上経過している場合。または (b) 事業を停止するか、あるいは破産手続きの対象となり、当該手続きが45日以内に却下されない場合。

11.3.顧客による終了。

顧客は、サービスの解約および/またはアカウントの削除により定額制サービスを終了することができます。この終了より顧客は、払い戻し期間中の終了の場合を除き、当該定額制料金の支払い義務適用を失するものとはなりません。上記第9条に従い、顧客と弊社が別途書面で合意しない限り、当該終了が発効となる日は、その時点で有効とされている定額制サービス期間の終了時となり、当該定額制サービス期間中は継続して完全に効力を発し、顧客は当該定額制サービス期間が終了するまで料金を支払う義務があります。顧客には前払いした定額制サービス料金の払い戻しを受ける権利はありません。

11.4.サービス終了による影響。

本規約が終了または満期となった場合、顧客への定額サービスおよび、本契約に基づいて顧客に付与されたすべての権利は終了し、アカウントのウェブアドレスが変更される場合もあります。 当該終了または満期以前の顧客データのエクスポートは顧客単独の責任となります。 顧客がアカウントから顧客データを削除しなかった場合、弊社の独自の裁量で、顧客ないし弊社が顧客データを削除するまで、弊社が引き続き当該データを保存および所有管理することとし、同期間中、顧客は引き続き顧客データの読み出しのために(“ 読み取り専用モード”)で同サービスを限定的に使用できますが、弊社は読み取り専用モードの期間を維持する義務は一切負いません。故に当該期間は顧客への通知の有無に拘わらず、いつでも終了する場合もあり、その後、顧客データは削除されます。 顧客は、上記および本規約の終了または満期以前に顧客データを読み出しおよび/または削除することを顧客単独での責任と認めます。従って、弊社は、顧客、如何なるユーザー、または第三者に対して、当該事項について一切の責任を負いません。 本規定に明確に定められていない限り、本規約の終了または満期による顧客の定額サービス料金支払い義務への免責はありません。

11.5.存続規定。

未払いの定額制料金に関する第2条6項(認可ユーザーの責任)、3条(顧客データ)、6条(プライバシーとセキュリティ)、7条(第三者サービス)、8(定額制期間、更新および料金の支払い)、第10条3項(試用サービスおよび正式リリース前版サービスへの準拠条件)、11条(期間および終了、停止)、12条(機密保持)、13条(保証責任の排除)、14条(責任制限)、16条(補償条項)、21条(準拠法および裁判管轄、集合代表訴訟の権利放棄および仲裁)および22条(一般条項)は、本規約の終了または満期後も存続し、適用される規約に従って発効し続けます。

11.6.停止。

前述の弊社の終了権利を制限することなく、弊社は以下の場合はアカウントおよび/または (如何なるアクセス権も含む) ユーザープロファイルおよび/またはサービスを一時的に停止することを決定する場合があります。(i) 弊社の独自の裁量で、顧客、あるいは如何なる第三者がセキュリティへのリスクを課し、弊社、あるいは如何なる第三者に対しても危害を及ぼし、弊社あるいは如何なる第三者に対しても責務を負わせ本サービスを使用している可能性があると弊社が判断した場合。(ii) 弊社の独自の裁量で、顧客あるいは如何なる第三者が本規約または適用法に違反して本サービスを使用していると判断した場合。(iii) 本規約に基づく顧客の支払い義務が延滞している、あるいは延滞する可能性がある場合。または、(iv) 顧客、あるいはそのユーザーがお客様またはそのユーザーが 利用規定に違反している場合。 前述の停止権は、本規約および/または適用法に従って弊社が利用し得る如何ななる救済策にも追加されるものとします。

 

12.機密保持。

12.1.機密情報。

本規約および(その評価を含む)本サービス(その評価を含む)に関連し、両当事者(“開示当事者”)は、他方当事者(“被開示当事者”)に対し、発効日の前であろうとその後であろうと、顧客リストおよび情報、ノウハウ、ソフトウェア、および情報の性質と開示の状況を考慮し、機密であると合理的に理解される如何なる非公開の情報をも含む非公開の事業、製品、技術、およびマーケティング情報を公開する場合があります(“機密情報“)。 誤解を避けるために、顧客にサービスに対する評価または使用に関連し弊社が顧客に供給した如何なるデータ、レポート、および資料と共に(i)顧客データは顧客の機密情報と見なされ、(ii)弊社サイト、サービス、試用サービス、および/または公式発売前サービスには、基礎となる技術、およびそれぞれのパフォーマンス情報が含まれ、それらは弊社の機密情報と見なされます。 機密情報には、以下のような情報は含まれません。(a) 開示当事者に負う如何なる義務にも違反することなく、一般的に公知となっている情報。(b) 開示当事者に負う如何なる義務にも違反することなく、開示当事者が開示する以前に被開示当事者に認知していた情報。(c) 開示当事者に負う如何なる義務にも違反することなく、第三者から受領した情報。または (d) 機密情報の使用または参照をせずに、被開示当事者が独自に開発した情報。

12.2.被開示当事者の守秘義務。

被開示当事者は、(i)機密情報の不正な開示または使用を防止するために最低限以上の妥当な措置を講じ、関係者以外には極秘とし、従業員、関連会社、サービス提供業者および代理店の機密情報への接触を制限し、本規約に含まれる機密情報に少なくとも制限を与えられ守秘義務に拘束されるものとし、(ii)本規約に基づく履行の一環として、および被開示当事者の法律顧問または財務顧問に開示する必要がある場合、または相当な注意を経て対処する合を除き、機密情報の使用または第三者への開示はしません。但し被開示当事者は、本規約に含まれる機密情報に少なくとも制限を与えられ守秘義務を負うことにより、当該開示を管轄します。

12.3.強制的開示。

上記にかかわらず、機密情報は、裁判所、行政機関、またはその他の政府機関の命令または要求に従い開示される場合があります。正し、それは法的に許容される範囲で、被開示当事者は、直ちに開示当事者に当該裁判所の命令ないし要求を伝え、開示当事者はその開示防止に努めるか、さもなければ当該開示の防止ないし制限に努める。

 

13. 保証責任の排除。

条件に拘らず、またはその他の条件と異なっていたとしても、以下の適用法で許可される最大限の範囲となります。

13.1.本規約内に明示され規定されている場合を除き、サイトおよびサービスは、保証責任に該当する如何なる種も伴わず、「現状有姿」、「すべてにおいて障害あり」、および「利用可能な状態」のいずれかの状態で提供されます。弊社およびその関連会社、下請け業者、代理店、および(第三者であるサービスプロバイダーを含む)供給業者は、ここに、明示的、黙示的、または法定のいずれであっても商品性、機能性、権原、特定の目的への適合性、および明示的、黙示的、法定を問わず、非侵害の保証および/または表明を含むが、これに限定されないあらゆる種類の表明および保証を否認します。

13.2.弊社および弊社への供給業者は、サービスおよびサイトへのアクセスおよびその使用を含め、サービスおよびサイトが中断されることなく、タイムリーに実動することの確保、エラーの皆無、データが失われないことについての保証、不具合の修正、あるいは当該サイトおよび/またはサービスがウィルスや他の有害なコードに侵害されないことについては明確に否認します。弊社および弊社への供給業者は、(顧客データを含む)顧客および/または顧客のデータが被る可能性のある遅延、障害、傍受、変更、損失、またはその他の損害について、一切の責務または責任を負いません。

13.3.ここに明確に規定されている場合を除き、弊社は以下に掲げる如何なる保証も表明も保証せず、明確に否認します。(1) 弊社のサービス(またはその一部)が特定の品質という観点から完全且つ精確であり、信頼性と適合性を兼ね備え、貴社が予期している活動、デバイス、オペレーティングシステム、ブラウザ、ソフトウェア、またはツール(または、いつでもそのような状態が維持されるもの)のいずれに対しても互換性があること。

または、顧客に適用される法の遵守、および/または(II)サービスおよび/またはサイトから顧客が取得したコンテンツ、情報、レポート、または結果に関して。

 

14. 責任制限。

条件に拘らず、またはその他の条件と異なっていたとしても、以下の適用法で許可される最大限の範囲となります。

14.1.本契約のいずれの当事者およびその関連会社、下請け業者、代理店、(第三者であるサービスプロバイダーを含む)供給業者は、如何なる場合もこれらの条件に基づき、あるいはこれらの条件に関連し、以下について責任を負いません。(I)如何なる間接的、例示的、且つ特別な、結果として起こり得る、偶発的または懲罰的損害賠償。(II)如何なる。

利益、費用、予想される節約の損失。(III)如何なるデータ、使用、事業、評判、収益、または営業権の損失または損害。および/または(IV)契約、不法行為、またはその他の責任となる論理に基づくかどうかに拘わらず、さもなければ、当該当事者が事前に当該損害の可能性について知らされていたかどうかに拘わらず、セキュリティ対策および保護の不履行。また例え修正策を講じたとしてもその本質的な目的に失敗した場合。

本契約の第16条(補償条項)に基づくいずれかの当事者の補償義務を除き、(サイトおよびサービスを含む)これらの条件に基づいて、またはその他の方法で、当該責任事項が発生する前月に12カ月連続で貴社が実際に支払った料金の合計額を超えた場合、貴社の支払い義務、または貴社または顧客の場合はそのアカウントの基礎となるユーザーによる弊社の利用規定への違反は、いかなる場合でもいずれの当事者、その関連会社、下請け業者、代理人、および(その第三者サービスプロバイダーを含む)供給業者も、その総累積責任を負いません。 本責任制限は累積的に適用され、事象の発生の都度適用はされません。

 

15. 特定法; リスクの合理的配分。

15.1.特定法。

本規約に明確に述べられている場合を除き、弊社は、顧客による本サービス使用が顧客の管轄区域で適切に行われていることを表明または保証しません。本規約書に記載されている場合を除き、顧客には本サービスの使用に適用される、地域および/または特定の適用法を順守する責任があります。

15.2.リスクの合理的配分。

顧客は、本規約に含まれる責任の制限および保証の免責事項が顧客と弊社によって合意されていることをここに認め、確認します。両者は、当該制限とリスク配分が商業的に妥当であり、本契約に基づく両者の合致するものと判断します。また、両者が当該条件を規約に採り入れるかどうかを決定する際は、当該制限とリスク配分については承諾しているものとします。

 

16.補償条項。

16.1.顧客による補償条項。

顧客は、以下の(i) および (ii) から生じる如何なる第三者からの請求の結果発生するあらゆる請求、損害、義務、責務、損失、妥当な支出または費用(総称して、” 損失”)からmonday.comおよびその関連会社、役員、取締役、従業員および代理店を、補償、防御、および免責することに同意します。(i)顧客および/またはそのユーザーの、当該条件または適用法への違反; および/または(ii)monday.comおよび/またはその下請け業者による顧客データの使用を含む顧客データ、知的所有権、プライバシーおよび/またはパブリシティ権を含むがこれらに限定されない第三者の権利の侵害または違反。

16.2.monday.comによる補償条項。

monday.comは、顧客に許可されたサービスの使用が、第三者の著作権、商標、または登録された米国特許(“知的所有権に対する請求”)に該当すると主張する如何なる第三者から顧客に対する請求ないし要求から顧客、その関連会社、役員、取締役および従業員を保護し、顧客に対して補償し、管轄裁判所によって当該知的所有権に対する請求が命じられた場合、あるいは妥当な弁護士費用を含め弊社が合意した場合の最終的な損害および費用に対して顧客を保護し、免責とします。

本規約第16条に基づくmonday.comの補償義務は、以下の(i)から(iii)の場合には適用されません。(i)サービス(またはその一部)が顧客またはその如何なるユーザーまたは第三者によって変更された場合(ただし、知的所有権に対する請求が当該変更を行わないことにより回避出来る程度において)。(ii)サービスが他のサービス、デバイス、ソフトウェア、または製品と組み合わせて使用される場合で、第三者を含むがこれに限定されず、当該組み合わせが無い場合当該知的所有権に対する請求が回避された場合に限定される場合。および/または(iii)顧客データまたは、上述の第16条1項に基づく顧客への補償義務を生じさせる事象に起因または関連する知的所有権に対する請求の場合。前述の保護および補償義務を損なうことなく、monday.comがサービスまたはその一部がそのように侵害する可能性があると確信する場合、monday.comは独自の裁量で以下の(a)、(b)、(c)を実行することができます。(a) (追加費用を払うこと無く)本サービスの使用継続権の取得。(b) サービス上で侵害されていると申し立てられている部分の、実質的に同等のパフォーマンスとなるような侵害しない変更または修正。または(c)monday.comが前述の救済策が合理的に利用できないと判断した場合、monday.comは(申し立てられた)侵害するサービス(またはその一部)の使用を停止するよう要求する場合があり、そのような場合、顧客に定額サービス期間中の未使用部分について支払い済みのすべての定額料金を比例配分し払い戻します。本規約第16条2項では、monday.comおよび/またはそのサービスおよび基盤となる技術による知的財産権の侵害または不正流用について、monday.comは単独で全責務を負うこと、および顧客の排他的救済策について規定しています。

16.3.補償条件。

本規約第16条に基づく補償当事者の保護および補償義務は、以下の(i)、(ii)、(iii)を対象とします。(i)被補償当事者は、補償を求める請求について迅速に書面で通知します。但し、当該被補償当事者がこれを怠った場合でも、補償当事者の保護がそれによって実質的に損害を被る程度に及ぶ場合を除き、補償当事者は第16条に基づく義務からを解放することはありません。(ii)補償当事者は、請求への弁護および/または和解に対し、即時かつ排他的な制御力が与えられます。但し、補償当事者は、不当に保留または遅らされた影響を受ける被保証者の事前の書面による同意無しに、被補償者による金銭的義務または責任の承認、あるいは不当な責任や責務を必要とする如何なる当該請求に対し、譲歩または和解はしません。また、(iii)被補償当事者は、補償当事者の費用負担で、当該請求への保護および/または解決において妥当な協力および支援を提供し、当該請求に対する補償当事者の保護または対応を阻害するような行動をとりません。

 

17.弊社サービス内の第三者構成

弊社のサービスには、第三者のオープンソースライセンス条項(”が対象となる第三者コードとライブラリが含まれており、それぞれオープンソースコード“および”オープンソース規約“となります。 当該オープンソース条件には、本契約に基づいてライセンス供与されるそれぞれのオープンソースコードに適用される範囲で決められ、それらの条件を含む当該条件と相反するライセンス条件よりも優先されると判断されるものもあります。 弊社はサービス内で当該オープンソースコードの特定に最善を尽くすことにより、顧客が当該オープンソース規約に精通することを支援します。 弊社は、一切の義務を課さず、顧客データまたは(オープンソース規約および本規約書への記載範囲を超えて)関連する知的財産に影響を与えないオープンソースコードのみを使用するように最善を尽くしており、弊社のサービスの使用に際しては、当該オープンソースコードの如何なる変更、配布、または独立した使用は含まれていないことを留めておくこと。 本規約に反する如何なる規定があったとしても、オープンソースコードに関して、同規定に沿った本規約に基づく保証または補償は行わません。

 

18. 輸出管理、制裁。

本サービスは、イスラエル、米国、または他国の輸出規制、法律および規制の対象となる場合があり、(”輸出規制”)について顧客は、以下の事項を認め、確認します。(i)顧客は、本サービス(またはその一部)を、司法権で輸出規制に違反している如何なる個人、団体、組織に対し、輸出、再輸出、または輸入に使用する立場にありません。(ii)顧客は、(a)米国の経済制裁または包括的制裁の対象となる国または地域(現在はキューバ、イラン、シリア、北朝鮮あるいはウクライナのクリミア地域)の法律に基づいて組織化され、運営されておらず、また通常は当該地域には居住してもおらず、(b)米国財務省の特別指定国民および禁固人物リストなどに掲載されるなど、行動を禁止または制限された人物のリストで特定されておらず、または(c)それ以外でも米国の制裁の対象となっていません。 顧客は、サービスおよび/または顧客データの使用、輸出、再輸出、または輸入に追加の制限、禁止、または要件を課す可能性のある、該当する輸出管理および制裁を遵守する責任を単独で負う。また顧客は、(iii)顧客データが、米国の国際武器取引規則または他の法域の同様の法律の下で管理されていないこと、あるいは本契約に基づくその使用、輸入、輸出、または再輸出に関して特別な許可またはライセンスを必要とすることにも単独で責任を負う。

 

19. 修正条項。

場合によっては、サービスへの新しい機能や特徴の追加、技術的な調整、タイプミスやエラーの修正などの正当な理由、法的または規制上の理由、または必要と思われるその他の理由で、弊社の独自の裁量により当該規約を修正する場合もあります。これらの規約に重要な変更を加える場合、サービス内に目立つ通知を表示したり、顧客に電子メールを送信したりすることにより、状況に応じて顧客に通知します。顧客は変更が実施された後もサービスを継続して使用することにより、変更に同意したものと見なされます。

 

20.政府機関の使用。

顧客が米国政府機関、部門、またはその他の連邦政府機関の一部、あるいは州、または地方のいずれかの(“政府機関の顧客“)である場合、同政府機関顧客は、本規約に基づくサービスが、連邦調達規制(”FAR”)2.101が意味するところにおいて、「商用コンピューターソフトウェア」および「商用コンピューターソフトウェアドキュメント」として適格であることに同意します。 FAR 12.212、防衛連邦調達規制補足 (Defense Federal Acquisition Regulation Supplement)(“ DFARS”)227.7201、およびDFARS252.227-7014。 政府機関顧客はさらに、本規約第20条規定の条件が顧客に適用されることに同意します。 本サービスに関連する政府機関顧客の技術データおよびソフトウェアの権利には、FAR 12.212、FAR 27.405-3、FAR 52.227-19、DFARS 227.7202-1、および(該当する場合は)一般サービス取得規則 (General Services Acquisition Regulation) (“GSAR”)552.212-4(w)に従って、本規約に明示されているように、通常一般に提供される権利のみが含まれる。 いかなる場合も、ソースコードは、本規約に基づいて提供されたり、成果物またはソフトウェア成果物であると見なされたりはしません。 弊社は政府機関顧客に対し、如何なる成果物またはソフトウェア成果物に含まれるソースコードへのライセンスも一切付与しません。 政府機関顧客が本規約に基づき付与されない権利を必要とする場合、当該権利の付与について許容可能な条件があるかどうかを判断するためには、弊社と交渉する必要があり、当該権利を具体的に付与するにあたり、書面により相互に許容可能な補遺を適応する契約に含める必要があります。 未公開の権利は、適用される著作権法に基づいて留保されます。 政府機関顧客に適用される法律と矛盾する本規約に含まれる如何なる条項も、当該適用法で許可されている範囲にのみ限定されます。

 

21. 21. 準拠法および裁判管轄条項; 集団訴訟の放棄および強制仲裁。

21.1.準拠法、裁判管轄条項。

これらの規約およびそれに関連する如何なる行為も、異なった裁判管轄権域における法令適用を必要とする抵触法の原則に影響を与えることなく、イスラエル国の法令に準拠し、解釈されます。イスラエルのテルアビブ・ヤッファにある管轄裁判所は、排他的に本規約に起因または関連する論争および請求すべてに対する

裁判管轄権を有する唯一の裁判地となります。ユーザーと弊社は、国際物品売買契約に関する国連条約がこれらの条件に適用されないことに相互に同意します。上記にかかわらず、monday.comは、あらゆる管轄権のある裁判所での差し止めによる救済を求める権利を留保します。

21.2.集団訴訟の権利放棄。

適用法の下で許可されている場合、ユーザーとmonday.comは、各当事者が、ユーザーとその個人の能力においてのみ、他方当事者に対して請求を提起することが可能であり、如何なる集団訴訟ないし代表訴訟の原告またはメンバーとして提起しないことに同意します。ユーザーとmonday.comの両者が相互に同意しない限り、仲裁人または裁判官は、複数人の主張を集約し、その他の如何なる方法においても代表あるいは集団訴訟を主宰したりはしません。

21.3.仲裁。

適用法で許可されている範囲で、顧客とmonday.comは、以下の規定に取消不能で同意します。

21.3.1紛争解決と仲裁。

(契約、不法行為、法令、詐欺、不当表示、またはその他の如何なる法理論に基づくかどうか、およびこれらの条件の終了あるいは満期後に発生した請求であるかどうかに拘らず)本規約に関連して、あるいは何らかの形でこれらの条件に関連して発生する顧客と弊社との間の如何なる紛争、請求、または論争は、強制的な拘束力のある仲裁によってのみ判定されます。仲裁では、裁判官や陪審員は介さず、裁判所による仲裁裁定書の審査は限定されます。ただし、仲裁人は、(差し止めおよび断定的救済または法定損害賠償を含む)裁判所と同様の損害賠償および救済は個別に裁定することが可能であり、裁判所と同様に本規約の条件に従わなければなりません。

 21.3.2例外.

上記の第21条.3.1項にかかわらず、顧客およびmonday.comは、法廷で差し止めによる救済を求める弊社の権利は、常に放棄、排除、または制限するものとは見なされないことに同意します。上記に加え、上記の第21条3.1項にかかわらず、monday.comは、顧客の知的財産権侵害の申し立てに対処するために、裁判所に訴訟を起こすこともあります。

21.3.3仲裁プロセスの規則

顧客または弊社のいずれかが仲裁手続きを開始する場合があります。 顧客と弊社間の仲裁については、国際商工会議所の仲裁規則(”ICC”)に基づいて最終的に解決されます。その後、ICC規則に従って任命された1人の仲裁人のもと(”ICC規則”)施行されます。 仲裁はテルアビブ-ヤッファで英語を使用し行われるものとし、如何なる管轄権を所有する裁判所の強制する法令による要求がない限り、如何なる仲裁にも適用される法律は、法の原則の選択や抵触に関係せずイスラエル国の法律となります。 仲裁手続きは迅速に行われ、60日以内に裁定が下されるものとします。 仲裁は秘密厳守で行われるものとします。 仲裁人の裁定は最終的なものであり、両当事者を拘束します。 仲裁裁定は、管轄権を有する裁判所で執行可能であるものとします。 本契約に基づく仲裁裁定を執行または無効とする申し立てについては、可能な限り機密とします。

21.3.4特別時効

如何なる仲裁も、請求を主張する当事者が請求の発生に至る行為、不作為、または不履行を最初に知見、あるいは合理的に知見すべきであった日から2年以内に仲裁の要求を提出することによって開始されなければなりません。また、その期間内に主張されなかった請求については、如何なる救済をも受ける権利はありません。適用法が請求を主張するに当たり、当該制限期間を設けることを禁止している場合、如何なる請求も適用法により許可された最短期間内に主張されなければなりません。

21.3.5注意; プロセス.

仲裁を求める当事者は、先ず書留郵便またはFederal Express(要署名)により、紛争についての通知を他方当事者に書面で送るものとします。あるいは、紛争を求める当事者に対し、弊社に提示出来る物理的住所が無い場合は、当該当事者は電子メールにより同通知を弊社に送信します。(”紛争通知”). 紛争通知は、(i)請求または紛争の性質と根拠を説明し、(ii)求められる具体的な救済策について規定しなければなりません。 両者は請求について直接解決するために誠意を持って努力することに同意しますが、しかし

紛争通知を受け取ってから30日以内に合意に達しない場合、各当事者は仲裁手続きを開始することが可能となります。仲裁中に顧客または弊社が提示した和解金額は、仲裁人が如何なる最終決定および裁定であってもそれを下すまで、仲裁人には開示されません。上記の第21条3.3項に基づく機密保護の一般性を損なうことなく、仲裁の過程で開示されたすべての文書および情報は、当該機密情報受領者により厳重に機密保持され、受領者は当該仲裁目的、または仲裁または仲裁人の決定および裁定の執行以外の目的で使用してはならず、または適用法で当該目的を知ることを要求され、その必要がある当事者に機密に開示される場合を除いて、開示してはなりません。仲裁人の決定と裁定を執行に必要な場合を除き、両者ともに両当事者が紛争中であり、仲裁が存在し、あるいは仲裁人の決定または裁定があると言う事実を含むがこれらに限定されない、仲裁に関する如何なる公告、広告または広報も行わません。

 

22. 一般条項。

22.1.翻訳版。

ここに記載の条件については、英語で記述されており、便宜上他の言語に翻訳されます。ここに記載された条件の(英語以外での)翻訳版が英語版と何らかの形で矛盾する場合は、英語版の規定が優先します。

22.2.不可抗力。

サービス妨害攻撃、インターネット通信あるいは電気、ガス、水道などの公共設備の中断または障害、第三者へのサービス提供への障害、ストライキ、資源の不足、暴動、火災、自然災害、戦争、テロ、および行政措置を含む両当事者の合理的な制御が及ばない事象を事由とし発生する如何なる義務の不履行、または遅延については、両当事者も責務を負いません。

22.3.両当事者の関係、第三者への利益の無供与。

両当事者は独立した契約事業者です。本規約で規定される諸条件およびサービスは、両当事者間に合名企業、営業販売権、合弁事業、代理店、受託者または雇用関係を構築するものではありません。ここに記載の規定には、第三者への利益の供与はありません。

22.4.通知。

本規約第22条4項に従い、弊社は顧客への通知に関連し、記録されている連絡先の詳細を使用します。 弊社への如何なる通知連絡先詳細は下部に記載のとおりです。 本規約に記載の規定、および/または本サービスに関連し、弊社が顧客に提供する通知について顧客は、弊社サイトへの投稿または顧客アカウントへの投稿、テキスト、アプリ内での通知、電子メール、電話または第1航空便、エアメール、あるいは翌日配達便を含むサービスを通じて提供されることを認めます。 更に顧客は、書面による当該通知も含め、電子通知は如何なる該当の法的通知要件も満たしていることを認めます。 顧客への如何なる通知も、以下の(i)か(ii)のいずれか早く届いた時点で届いたものとみなされます。(i) 顧客の受領、または(ii)24時間の配達。 弊社への通知は、 legal@monday.comのメールアドレスでmonday.com Ltd.、法務部長宛に送られるものとします。または52Menachem Begin Road、Tel Aviv 6713701、Israelに郵送されるものとします。

22.5.譲渡。

本規約に記載の規定、条件およびすべての権利と義務は、弊社の書面による承認無しには譲渡出来ません。ただし、monday.comの競合他社への譲渡を除き、顧客の資産または株式議決権の全てを合併、買収、または売却した結果として、当該条件を後継企業または後継個人に譲渡する場合、および当該譲渡について、それぞれの譲受人が書面で、当該規定に基づくすべての義務を引き受けることに同意する旨を書面で迅速に弊社まで通知した場合はその限りではありません。弊社は顧客の事前の同意または顧客への事前の通知無しに、本規約に基づく弊社の権利および/または義務、および本サービスの所有権および権利を第三者に譲渡する場合があります。前述の条件に従い、本規約に記載の規定は、両当事者、それぞれの後継者、および許可された譲受人の利益のために拘束され、効力を生じます。本規約台22条5項に基づき許可されていない譲渡については、無効となります。

22.6.分離可能性。

本規約に記載の規定、条件については、適用法の下で許可される最大限の範囲で施行されます。本規約のいずれかの条項が管轄裁判所により法令に違反すると判断された場合、

当該条項は同裁判所により修正され、法律で認められる最大限の範囲で元の条項の目的を達成する最善条項と解釈され、本規約のその他の条項は引き続き有効となります。

22.7.権利不放棄。

本規約に基づく如何なる権利の行使においても、いずれかの当事者による不履行または遅延は、その権利の放棄を成すものとはなりません。本規約に基づく権利放棄は、書面で行われ、権利放棄を認めたとみなされる当事者の正式な代表者による署名された書面が無い限り、権利を放棄したとは見なされず、権利放棄は有効とはなりません。

最終更新日:2021年2月2日

免責条項: このバージョンは、英語の原文を翻訳したものであり、便宜上の目的でのみ提供されています。この英語の原文は、正式な法的拘束力のあるバージョンであり、矛盾が生じた場合には英語の原文が優先されるものとします。

 


チームが協力してより多くのことを達成できるようにします

14 日間の無料トライアル | クレジットカード不要