Last Updated: 11月 24, 2020

著作権ポリシー

Last Updated: 11月 24, 2020

デジタルミレニアム著作権法

コンテンツの削除。著作権所有者の正当な権利を尊重するのはmonday.comLtd. (“monday“)の方針であり、著作権被疑侵害にたいする明瞭な通知に対応いたします。デジタルミレニアム著作権法の17U.S.C. 512項(“DMCA“)に従って、mondayは、ウェブサイトwww.monday.com/ (“サイト“)に関連して申し立てられた著作権侵害の通知を受け取るために著作権エージェント(以下に指名)を指定しました。当社が反復侵害者であるサイトユーザーの適切な状況における契約中止を規定するポリシーを施行することをご承知ください。自分の著作物が著作権侵害の方法でコピーされたと思われる場合は、DMCAに従って著作権エージェントに次の情報をご提供ください:

  1. 著作権の所有者に代わって行動する権限を与えられた人の電子署名または物理的署名;
  2. 著作権が侵害されたと主張する著作物の説明;
  3. 侵害されていると主張する素材がサイトのどこにあるかを分かるようにする詳細な説明。電子メールの本文にURLを提供することは、コンテンツをすばやく見つけるのに役立つ最良の方法です;
  4. あなたの住所、電話番号、および電子メールアドレス;
  5. 争点となっている使用が著作権所有者、その代理人、または法律によって許可されていないことを誠実に信じているというあなたの陳述;そして
  6. 偽証罪によって罰せられるという条件で行われたあなたの通知情報は間違いなく、あなたが著作権所有者であるか、著作権所有者の代表であるという陳述。

抗議通知。投稿した資料が誤ってサイトから削除されたと思い、またその資料を投稿する権利を持っていると思う場合は、抗議通知を送信できます。抗議通知を有効にするには、当社の著作権エージェントに書面で通知すべきですが、通知項目は以下のようです(これに関しては、弁護士に相談するか、デジタルミレニアム著作権法17 U.S.C. (“著作権法“) 512項(g)(3)を参照し、かつこれらの要件を確認する必要があります):

  1. 物理的または電子署名;
  2. 削除またはアクセスが無効にされた資料の識別、および削除またはアクセスが無効になる前に資料が表示された場所。電子メールの本文にURLを提供することは、コンテンツをすばやく見つけるのに役立つ最良の方法です;
  3. 偽証罪によって罰せられるという条件で行われた、削除または無効化される資料の誤り、または誤認の結果として資料が削除または無効化されたと誠実に信じているという陳述;そして
  4. 申告者の氏名、住所、電話番号、および住所が所在する司法管轄区の連邦地方裁判所の管轄権、または住所が米国外の場合、mondayが存在し、侵害の通知をした人またはその代理人からの訴状を受けとることができる任意の司法管轄区の管轄権に同意するという陳述。

虚偽陳述。著作権法の512項(f)に基づき、素材または活動が権利を侵害しているとか、間違いまたは誤認によって削除または無効にされたと故意に虚偽陳述する人は、責任を問われかねないことに留意してください。

著作権エージェント。著作権侵害の申し立て通知を取り扱うmondayの代理人である著作権エージェントには、次の住所で連絡できます:IsraelのTel Aviv、 Begin Road 52の著作権エージェントの法務部門であるmonday.com Ltd、 legal@monday.com

最終更新日:2017年12月25日

免責条項: このバージョンは、英語の原文を翻訳したものであり、便宜上の目的でのみ提供されています。この英語の原文は、正式な法的拘束力のあるバージョンであり、矛盾が生じた場合には英語の原文が優先されるものとします。

チームが協力してより多くのことを達成できるようにします

14 日間の無料トライアル | クレジットカード不要